オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
スタイル
塾の黒板

学校教育ではさまざまなことを行っていきます。
実際の座学には国語、算数、理科、社会の他にも、音楽や体育など色々な教育を行っていきます。
最近の小学生は習い事をたくさんしている子が増えてきています。
このようにたくさんの習い事をさせる子の親の心理には、子供の可能性を伸ばしたいといった考えや、子供の将来に関わる理由が考えられます。
また、将来に関することだけはなく、習い事の準備を行ったり、スケジュールを考えたりすることを行い自分の身の周りをきちんと管理することが出来るようになります。
そういった自立することが出来るように促すことができるのも、習い事の大きなメリットになってきます。

最近は習い事の中には学習塾もたくさん増えてきていて、学習塾を選ぶ作業も大変になってきています。
そして、学習塾には学校のように教室スタイルで授業したり、個別指導のスタイルを確立している学習塾があります。
また家庭教師のように先生が訪問するスタイルもあれば、現在のITの技術を利用してインターネット上で授業を公開しているところもあります。
この他にも授業をDVDに録画して公開して、学習するようなスタイルもあります。

学習塾に入るための目的には、受験に受かるような目的であったり、日々の授業についていけるように通わせたりといったことがあげられます。
受験生にとって学習塾は現在は欠かせない存在になってきています。
そして、その大きな理由には志望してる受験校の知識があるといったところが大きいです。
また、子供の学習に対して真剣に相談できる環境が整っているところも学習塾に通わせる大きな要因になっています。

学習塾に通わせる親御さんは、周りの子供がどんどん学習塾に通うので、自分の子供も入れるといったこともあります。
クラスの子のほとんどが塾に通っているのに、自分だけ通っていないと親に訴える子供もたくさんいます。
また、お友達と通うことができればライバルになることもできるし、勉強の幅が広がるという可能性も考えられます。
そして、お友達と通うことで親友になったりして、子どもたちの仲も安心する事が出来ます。

学習塾の個別指導のメリットはたくさん考えられます。
個別指導では生徒と先生がマンツーマンで勉強を行っていくので、自分の分からないところをすぐに質問することが可能になってきます。
勉強で自分の分からないところをそのままにして学習することは、かえって自分のわからない状況を悪化させる可能性があります。
集団の塾、つまり教室スタイルの学習塾では一定のカリキュラムが決められていて、テキストをこなしていくことが多いです。
この教室スタイルでは、自分の分からないところを質問したり自分のペースに合わせてくれることが難しくなります。
そして、引っ込み思案なお子さんにとってはこのような環境が合わないことも考えられます。
自分に合った学習スタイルを探すことが最も学習が励むかもしれません。