分別の必要性|産廃は破砕して地球を守る|リサイクルの新常識

産廃は破砕して地球を守る|リサイクルの新常識

男女

分別の必要性

不要品

一般廃棄物は家庭から出されるもの、産業廃棄物は会社や工場などから出されるものといった違いがあります。二つが混ざり合わさり排出される事はありませんし、それぞれ特定の業者が回収を行っているのが特徴です。産業廃棄物の場合には混合廃棄物として運搬が行われる事があります。混合廃棄物は処理を行う工程などが異なる廃棄物が混ざった状態で運搬される事を意味しています。混合廃棄物として運搬を行うメリットは1台のトラックに積み込める事が出来るという事です。しかし、処理がし難くなるというデメリットがあります。回収されたものを全て埋め立てるわけではなく、リサイクルされるものも多く含まれている場合などでは、分別をしなければリサイクルが出来ないケースも出て来ます。

自治体が窓具になっている粗大ゴミ回収はリサイクルを目的として専門の回収業者が粗大ごみを収集しています。粗大ゴミ回収は危険物などの回収、家電リサイクル法で指定されている電化製品、パソコンなどの回収は行われていませんが、家具や掃除機といった具合に色々な廃棄物の回収が可能になっており、運搬する場合には色々な廃棄物がトラックの荷台に載せられる事になりますが、リサイクルを目的としているため、この場合は混合廃棄物にはなりません。これに対し、住宅の解体などでは廃材を回収する事になり、廃材の中には異なるリサイクル方法で処理が行われる事もあります。例えば、基礎に利用しているコンクリートと鉄骨などを一緒に運搬する場合などでは異なる手法でリサイクルが行われる混合廃棄物になるという事です。